人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー:FMC221007SP
FMCセンターPC:ベネビア®OD
日本曹達 231012 SP

東北で九条ねぎの生産・出荷を本格始動「陸前高田工場」新設 こと京都2021年6月18日

一覧へ

九条ねぎを生産・加工・販売する農業生産法人 こと京都株式会社(京都市伏見区)は6月16日、九条ねぎの夏場の出荷に向けて岩手県陸前高田市に新設した「陸前高田工場」の竣工式を行った。陸前高田工場は、選別調整室、冷蔵庫、事務所の区分に分かれ、7月から収穫調整が始まり、国産九条ねぎの出荷を行う。

「陸前高田工場」の竣工式で挨拶する、こと京都の山田代表「陸前高田工場」の竣工式で挨拶する、こと京都の山田代表

陸前高田市は、夏季は冷涼な気候帯の太平洋沿岸地方。同社は夏季の主な産地候補としていた同市が、自社ほ場がある京都府南丹市美山町と同等の自然環境の条件がある上、台風が来ない地域であることから産地に選定した。

国産九条ねぎは年々、温暖化で夏場の生産が難しくなっており、台風被害のリスク分散を想定し安定供給をめざす。また、東北エリアでの拠点を持つことでより鮮度の高い商品の出荷が可能になる。今年度は40アール(4反)の面積で栽培を始め、現地の生産者の協力を得ながら生産。次年度からは、農地拡大に向けて自社で運営する。2025年には10ヘクタール、農業生産額1億円の規模の産地化を目標としている。

同社は、東日本大震災から10年目を迎えた東北で、農業により現地の産業を生み出すという構想のもと、自社生産だけではなく、地域の担い手農業者・農業団体をはじめ、福祉事業者など幅広い地域社会のパートナーと共に生産規模を拡大。多様な雇用の受け皿を生み、地域のひとつの産業となるよう尽力する。

新工場の竣工式で、同社代表の山田敏之氏は「今年で会社設立20年を迎え、第三の創業とも捉えており、日本のねぎの消費量の10%の4万トンを目標とする中、国産九条ねぎの夏場の産地の拠点として立ち上げた。震災復興や農業振興への一助となれるよう、努力したい」とあいさつ。また、陸前高田市地域振興部農林課・大和田氏は「定植から本日の竣工式までの計画を着々と進められているのを目の当たりにし、この取り組みに対する熱意をひしひしと感じている。九条ねぎ栽培について興味関心を持つ農家にこの取り組みを発信し、これからの産地化の達成を願っている」と取り組みへの期待を述べた。

「陸前高田工場」のほ場「陸前高田工場」のほ場

重要な記事

日本曹達_ナブ乳剤_SP

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る