人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCベリマークSC:(SP)ヘッダー
日本曹達 231012 PC
日本曹達 231012 SP

機能性表示食品の高栄養野菜「ぎゅっとGABA きらきらケール」新発売 日本山村硝子2022年3月2日

一覧へ

日本山村硝子は2月28日、機能性表示食品で高栄養野菜の「ぎゅっとGABA きらきらケール」をきらきらベジ取扱店舗とインターネットショップで販売を始めた。

新商品の「ぎゅっとGABA きらきらケール」新商品の「ぎゅっとGABA きらきらケール」

「ぎゅっとGABA きらきらケール」は、植物工場野菜として日本初の機能性表示食品の「ぎゅっとルテイン きらきらケール」に続く、「きらきらベジ」機能性表示食品の第二弾。きらきらベジの高栄養野菜商品群としては、栄養機能食品(ビタミンC)「サラダケール」も含めて3つ目のラインアップとなる。

同社は、2007年に植物工場野菜の研究開発を始め、一貫して高付加価値野菜の研究開発を進め、栄養成分を豊富に含む野菜を商品化している。370品種の豊富な野菜等の栽培実績と、自社開発のLED照明などを用いた独自の栽培方法を組み合わせ、植物が持つ栄養成分を高め、栄養豊富な野菜を供給している。

同社は、各種の栄養成分を豊富に含むスーパーフードのケールにいち早く着目し、柔らかく、苦みの少ない生食用ケールの研究開発に取り組んできた。2019年8月の機能性表示食品「ぎゅっとルテイン きらきらケール」の申請受理・発売を皮切りに、業務用として使える機能性表示食品「きらベジ ルテインケール」を発売。また、きらきらベジのラインアップの中で、最も人気の高い「サラダケール」を栄養機能食品(ビタミンC)としてリニューアルするなど、高栄養野菜のラインアップを増やしてきた。

新商品の「ぎゅっとGABA きらきらケール」は、GABAに着目し、新たな機能性表示食品として開発。GABAを1日に12.3mg摂取すると、血圧が高めの方の血圧を下げる機能があることが報告されており、1パックでGABAの一日当たりの機能性成分量の半分(50%)を摂取できる。

重要な記事

日本曹達_ナブ乳剤_SP

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る