2022夏季特集:PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCトップSP:育苗箱混合剤
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(PC)センター
JA全中中央SP

幻の芋"今金男しゃく"解禁「ポテトチップス今金男しゃく」予約受付開始 湖池屋2022年9月16日

一覧へ

湖池屋は9月15日、北海道今金町で作られる幻のじゃがいも"今金男しゃく"を100%使用した、湖池屋オンラインショップ限定商品「ポテトチップス今金男しゃく うすしお味」と「ポテトチップス今金男しゃく のり塩」予約受付を開始した。

極上ポテチ 「ポテトチップス今金男しゃく」極上ポテチ 「ポテトチップス今金男しゃく」

北海道今金町は、昼夜の寒暖差が大きいことからじゃがいもの生育に適した土地。恵まれた大地とそれを活かす職人の努力により、"今金男しゃく"はデンプン質をたっぷりと含んだ甘くてホクホクしたじゃがいもに育つ。高い味の評価と人気で、東京の市場では40年以上にわたって最高ランクの価格で取引されている。また、日本全国で出荷されるじゃがいもの中で0.3%しか流通しないという希少性から、"幻のじゃがいも"と呼ばれている。

"今金男しゃく"は2019年に、農林水産省が推進する「地理的表示(GI)保護制度」に基づく新たな登録産品として登録され、益々注目を集めているブランドじゃがいも。同社は、その年の秋に収穫された"今金男しゃく"の新じゃがのみを使ったポテトチップスを、2015年から湖池屋オンラインショップで販売している。

昨年は前年の約1.5倍の数量を準備するなど、年々数量を増やして販売しているが、毎年完売する人気商品で今年も生産量を増やして対応する。味はシンプルな「うすしお味」と、青のりとあおさを使った湖池屋伝統の「のり塩」の2種類。いずれも"今金男しゃく"の持つ力強い旨みと甘みを存分に楽しめる味わいで、2つの味がお得に楽しめる「味くらべセット」も用意している。

「ポテトチップス今金男しゃく うすしお味」/1箱・6袋入(75g/袋)、「ポテトチップス今金男しゃく のり塩」/1箱・6袋入(75g/袋)はいずれも1箱1480円。「ポテトチップス今金男しゃく 味くらべセット」/うすしお味・のり塩 各1箱は2812円。いずれも価格は税込、送料別。

【湖池屋オンラインショップ】

最新の記事

シンジェンタポータルフェーズ:右上長方形SP

みどり戦略

住友化学住友化学右正方形2SP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る