秋特集:国生国産PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー:FMC221007SP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

特許取得の新技術で生産 プレミアムれんこん「膳」限定予約販売 明昇工業2022年11月24日

一覧へ

環境育成と再生を手がける明昇工業(千葉県松戸市)は11月18日、特許取得の新技術で土壌再生に取り組み生産された「プレミアムれんこん『膳』」の限定予約販売をクラウドファンディングサイトの「CAMPFIRE」で開始。12月11日まで100箱限定で予約を受け付けている。

特許取得の新技術で生産 プレミアムれんこん「膳」限定予約販売 明昇工業

各地で土壌劣化が問題になる中、熊本県も例外ではない。伝統産品の肥後レンコンの生産者によると、水田1枚から採れるレンコンが年に1割ほどのハイペースで減収している例もある。

生産農家で熊本県宇城市の野山健作さんは、化学肥料添加による対策ではなく、田んぼ自体を元気にする方法として、明昇工業が今年発売した特許技術「土着微生物再生」により、レンコン水田の自然の力を再生する取り組みを行った。

新技術の「土着微生物再生」は、劣化する土壌の再生に、土着性の多種多様な土壌バクテリア生息の住みかを提供するという新しい発想の土壌改良法。肥料分を入れたり培養した微生物自体を撒くのではなく、多様な微生物が住み着く1000分の1ミリ以下のミクロの空間づくりで田んぼを再生させる。この技術が、レンコンを生産する田んぼの土壌再生に用いられたのは初の試みとなる。

レンコンは大半が地元で出荷されるため、伝統産品の「肥後レンコン」は県外では中々手に入らないが、今回は特別に新技術を用いて生産された「プレミアムれんこん『膳』」を100箱限定で、専用のくまモンデザイン箱に入れて直送する。

2021年収穫の当地の肥後レンコン2021年収穫の当地の肥後レンコン

◎リターン商品
5380円:45%引きプレミアムれんこん『膳』2kg入り1箱(10人限定早割)

6360円 :30%引きプレミアムれんこん『膳』2kg入り1箱(CAMPFIRE特別価格)

9800円 :50%引きプレミアムれんこん『膳』2kg入り2箱

1万1760円:60%引きプレミアムれんこん『膳』2kg入り3箱

※限定募集総数100箱(200kg)

【プロジェクト「プレミアムれんこん「膳」/初出荷100箱限定/土壌を元気にする特許技術採用】

最新の記事

シンジェンタポータルフェーズ:右上長方形SP

みどり戦略

住友化学住友化学右正方形2SP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る