人事2024 左バナー 
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー:FMC221007SP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

栃木県産いちご新品種「とちあいか」ハート形がバレンタインで人気2023年2月2日

一覧へ

栃木県は2019年、全国生産量日本一の品種「とちおとめ」の後継となる、新たなエース品種「とちあいか」を育成。インスタ映えする"ハートの形"がバレンタイン向きとして販売を拡大している。

栃木県産いちご新品種「とちあいか」ハート形がバレンタインで人気

「とちあいか」は、一般販売の開始から順調に作付面積を伸ばしており、とちおとめの1.3倍の収量性を武器に、令和5年産も安定して出荷販売されている。

栃木県によると、将来的には県産いちごの生産量の8割を「とちあいか」に転換。消費者に新品種「とちあいか」の良さを、より分かりやすく伝えるため、様々な角度から科学的な手法による分析し、「とちあいか」の持つユニークセリングポイントを発掘した。

栄養成分を分析した結果、「とちあいか」は「ビタミンCと葉酸を含む」という結果が得られた。味覚センサー等を用いた食味等の分析では、「とちあいか」は「酸味が少ないため、甘さが際立つ」ことが証明された。

また、「とちあいか」はヘタの部分がくぼんでいるため、縦にカットすると"ハート形"が表れることから、バレンタインやホワイトデーに最適ないちごとして、全国の青果店やスーパーなどで取扱いが増加している。

重要な記事

ヤンマーSP

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る