人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
240401・ニッソーグリーン マスタピース水和剤SP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

国内初の生産・販売 植物工場野菜「スティックレタス」新発売 スプレッド2023年3月2日

一覧へ

スプレッドは3月1日、植物工場野菜ブランド「ベジタス」の新商品「スティックレタス」を発売。ヨーロッパで開発された新しいレタスで、国内では初めての生産・販売となる。

新発売の「スティックレタス」新発売の「スティックレタス」

「スティックレタス」は、長めの茎と細長い葉先が特長。みずみずしくシャキシャキとした茎に対し、葉先は柔らかくふんわりしており同時に2つの食感を楽しめる。

サラダはもちろん、細長い形状を生かして手巻き寿司や生春巻きにもおすすめ。また、加熱してもしなびにくく、炒め物や鍋料理などにも適している。農薬を使わずに栽培されており、苦味や青臭さも少なく安心で食べやすい。

スティックレタスは、すべての葉の形状が揃う「マルチリーフ」の種類で、使いやすさから人気がある。一方、柔らかい品種が多く、よりシャキシャキとした食感がほしいという声もあった。

また、マルチリーフは葉に土が付着しやすく雨水等が絡みやすいため、菌数が増えやすく露地栽培に適さないというデメリットもあるが、同社は独自の室内栽培技術により、植物工場でのスティックレタスの大規模かつ安定的な生産を実現した。

「スティックレタス」は、スーパーマーケットなどで3月1日から順次販売。希望小売価格は158円(税別)。

重要な記事

240401・シンジェンタ粒粒マイスター:右上長方形SP

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る