左バナー 人事2023
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー石原バイオ:ランマンフロアブルSP
日本曹達 231012 PC
JA全中中央SP

埼玉県を「プレミアムいちご県」に認定 日本野菜ソムリエ協会2023年3月10日

一覧へ

日本野菜ソムリエ協会は、埼玉県を"もっともおいしいいちごを生産している県"とする『第1回 全国いちご選手権プレミアムいちご県』として認定。その認定式が3月9日、埼玉県庁の知事室で開かれ、日本野菜ソムリエ協会の福井栄治理事長から埼玉県の大野元裕知事へ認定書を手渡した。

埼玉県を「プレミアムいちご県」に認定 日本野菜ソムリエ協会9日に埼玉県庁の知事室で行われた認定式で。大野知事(右)と福井理事長

同協会は、2月2日に開催した「第1回全国いちご選手権」で、最高金賞を受賞した埼玉県「あまりん」(生産者:ヒロファーム)を始め、埼玉県からエントリーした6品すべてが入賞以上だったことから、埼玉県を『第1回 全国いちご選手権プレミアムいちご県』として認定した。

埼玉県のいちご生産量は1位の栃木県と比べるとおよそ8分の1で、全国では12番目だが、今回の選手権では埼玉県のいちごのおいしさが評価され、受賞数は全国の中でも圧倒的に多かった。

「プレミアムいちご県」の認定にあたり日本野菜ソムリエ協会の福井理事長は「いちご市場全体の全国的な盛り上がりに期待している。結果的にそれが埼玉県のいちご農家さんにもプラスになる」とコメント。また、大野知事は「県内の生産者が最高金賞の受賞を含め6点が入賞したこと、さらに今回の『プレミアムいちご県』の認定を受けたことで二重の歓び。『プレミアムいちご県』の認定を行政としてしっかりとPRし、今後もおいしいいちごを消費者にお届けしていきたい」と伝えた。

◎第1回全国いちご選手権 埼玉県 受賞一覧

最高金賞 :「あまりん」ヒロファーム
銀賞 :「あまりん」いちご畑花園
銀賞 :「マロンベリー」ヒロファーム
銅賞 :「あまりん 」ただかね農園
銅賞 :「よつぼし 」株式会社げんき農場
入賞 :「かおりん」ただかね農園

重要な記事

ヤンマーSP

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る