人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCベリマークSC:(SP)ヘッダー
FMCセンターPC:ベネビア®OD
JA全中中央SP

新潟県十日町のサルナシとホーリーバジル使用「十日町ハーバルソーダ」新発売2023年6月8日

一覧へ

宿泊事業と飲料を企画販売する合同会社green36(新潟県十日町市)は6月11日、十日町産のサルナシとホーリーバジルを使ったノンアルコールドリンク「十日町ハーバルソーダ」を新発売。アートの祭典「大地の芸術祭」の開催地である十日町に訪れた人がアート作品を鑑賞しながら飲むことをイメージして開発された。

十日町の豊かな自然を感じる「十日町ハーバルソーダ」十日町の豊かな自然を感じる「十日町ハーバルソーダ」

「十日町ハーバルソーダ」は、十日町が栽培数日本一を誇る果実「サルナシ」と、無農薬・無化学肥料で栽培した手摘みの「ホーリーバジル」を使った、キウイフルーツを凝縮したような酸味と甘くスパイシーな香りを楽しめる微炭酸のノンアルコールドリンク。

サルナシは"幻の果実"とも呼ばれ、その高い栄養価から近年はスーパーフードとして注目されている。

十日町のベテラン農家・宮沢さんが栽培するサルナシ十日町のベテラン農家・宮沢さんが栽培するサルナシ

「十日町ハーバルソーダ」は、サルナシ栽培数日本一を誇る十日町市で栽培歴50年以上のベテラン農家・宮沢八州男さんの農園で栽培されたサルナシを使用。ホーリーバジルは無農薬・無化学肥料で全て手摘みで栽培・販売するまつのやま茶倉のものを使った。一般的には合わせることのない「サルナシ」と「ホーリーバジル」の組み合わせは香りの相性が抜群。さらに、カルダモン、オレガノなど複数のスパイスとハーブを重ね、十日町の豊かな自然を感じられる味わいに仕上げている。

販売は、新潟県十日町市の「道の駅 クロステン十日町」とおみやげ店「清津百貨」で。またEER VISTA BREWERY(東京都江東区)など東京の一部店舗限定で販売。

まつのやま茶倉のホーリーバジルまつのやま茶倉のホーリーバジル

重要な記事

ヤンマーSP

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る