左バナー 人事2023
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
SPヘッダー:石原バイオサイエンス・クロスアウトフロアブル
2・PC:朝日アグリア・エコレット
日本曹達 231012 SP

猛暑で廃棄トマトが急増 規格外野菜定期配送で福井・鯖江のトマト農家を応援 ロスヘル2023年7月27日

一覧へ

エクネス株式会社(福井県鯖江市)が展開する、食品ロス削減のため規格外野菜を定期配送するサービス「ロスヘル」は、同じ鯖江市で株式会社RUNが育てたトマト「ドンハウス」の規格外品の取り扱いを開始した。

ロスヘルの平井代表(左)とトマト「ドンハウス」を生産する柴嵜さんロスヘルの平井代表(左)とトマト「ドンハウス」を生産する柴嵜さん

この猛暑で今年は、特にトマトの規格外が大量に発生している。寒暖差が激しくなると、ヒビが入るトマトが増え、生育も安定せず規格外が生まれやすく、「ドンハウス」だけで毎月1トンの規格外が生まれ、廃棄されている。

「ドンハウス」は、鯖江で取れる唯一のトマトで、通常のトマトより甘味が多いのが特徴。通常のトマトは、消費者の手元に届くときに赤くなった状態にするため熟していない状態で収穫されるが、「ドンハウス」は甘いトマトを届けるため、赤くなってから収穫して出荷する。

規格外になるヒビが入ったトマト規格外になるヒビが入ったトマト

赤くなりすぎては、店頭に並ぶ頃には熟しすぎてしまいため見極めが生産者のノウハウとなっている。

「ロスヘル」は、規格外野菜を全国各地から調達し、一般的な価格より最大30%程度安価に毎月1回、定期便で2052円〜5292円(税込)で提供。

廃棄されてしまう規格外野菜として、鯖江のトマト「ドンハウス」を有効活用し、食品ロスの削減を目指す。

重要な記事

ヤンマーSP

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る