左バナー 人事2023
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー:FMC221007SP
JA全中中央①PC
FMCセンターSP:ベネビア®OD

日本一の梨産地で令和5年度「千葉なし味自慢コンテスト」開催 千葉県2023年8月1日

一覧へ

千葉県、千葉県果樹園芸組合連合会、JA全農千葉県本部、千葉県園芸協会で構成される「千葉なし味自慢コンテスト」は7月29日~30日、「令和5年度千葉なし味自慢コンテスト」をイオンモール津田沼(習志野市)で開催。今年は「幸水」を対象とし、県内の各産地から120点の「幸水」が出品され、専門家による審査の結果、特別賞17点、奨励賞12点が決まった。

最高賞の農林水産大臣賞を受賞した白井市梨業組合の中嶋智彦氏が出品した梨最高賞の農林水産大臣賞を受賞した白井市梨業組合の中嶋智彦氏が出品した梨

千葉県の梨は、令和3年時点で産出額・生産量・栽培面積の全てが全国1位。千葉県は、土壌条件、気象条件に恵まれた梨の栽培適地で糖度が高くおいしい果実を生産。江戸時代から続く県内の産地は、長年蓄積された栽培技術があり、生産者は現在も、よりおいしい梨をつくるための技術研鑽に励んでいる。

「千葉の梨」の本格出荷に先駆けて開かれたコンテストで、29日に行われた専門審査では、研究や流通に携わる審査員が120点の大きさや形、色、糖度などを丁寧にチェック。厳正な審査の結果、最上位となる農林水産大臣賞は白井市梨業組合の中嶋智彦氏が選ばれ、続く千葉県知事賞には印西果樹園芸組合の西井一哉氏が選ばれた。

千葉なし味自慢コンテストの谷嶋稔会長千葉なし味自慢コンテストの谷嶋稔会長

千葉なし味自慢コンテストの谷嶋稔会長は「審査では糖度・色沢・熟度・形・食味(食感)など、全体のバランスが取れた梨を特別賞に選んでいる。今年は天候にも恵まれ、たくさんの日光を浴びて糖度が増した梨が出揃った。是非、皆さんに千葉自慢の梨を楽しんでいただきたい」と話した。

また、30日には入賞した梨の限定販売とコンテストに出品された梨をランダムに袋詰めした即売会が行われ、購入希望者が長蛇の列をなした。限定販売で梨を購入した人は「県外の親戚に季節の贈り物として購入した。千葉の梨は美味しいので、喜んでくれるはず」等と話していた。

購入者が列をなした梨の即売会購入者が列をなした梨の即売会購入者が列をなした梨の即売会

■審査結果 上位3賞入賞者

農林水産大臣賞:白井市梨業組合 中嶋智彦氏
千葉県知事賞:印西果樹園芸組合 西井一哉氏
農林水産省 農産局長賞:鎌ケ谷市梨業組合 飯田展久氏

重要な記事

シンジェンタ ミネクトコネクト SP 231101

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る