左バナー 人事2023
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
三井物産アグロビジネス SP 122601
FMCプレバソンPC
日本曹達 231012 SP

JA全農いわてとコラボなすとピーマンの「肉片焼茄子」新発売 ファンデリー2023年8月29日

一覧へ

ファンデリーは8月29日、JA全農いわて管内の一関市産「なす」と花巻市産「ピーマン」を使ったコラボメニュー「茄子とピーマンがどっさり 岩手からの贈り物 肉片焼茄子」(598円・税込)を『旬をすぐに』シリーズから発売した。

新発売の「茄子とピーマンがどっさり 岩手からの贈り物 肉片焼茄子」新発売の「茄子とピーマンがどっさり 岩手からの贈り物 肉片焼茄子」

JA全農いわてとコラボした「茄子とピーマンがどっさり 岩手からの贈り物 肉片焼茄子」は、加熱するととろけるような食感になるなす品種「くろべえ」と、品種改良により苦みが少なく食べやすくなったピーマンを使用。彩りと食感を良くするため、なすは素揚げ、ピーマンは軽くボイルし、しっかりと味を染み込ませた豚肉と一緒に中華餡をかけた。素材の美味しさを活かしたシンプルな味わいが楽しめる。

一関市と平泉町は東北でも有数のなすの産地。気温が上がらないため、果実の水分が多い早朝に収穫することで、みずみずしいなすが出荷される。なすの果面はとても傷つきやすいため、丁寧に収穫されている。

一方、JAいわて花巻管内では年間約1260トンのピーマンを出荷。同管内で最も出荷量の多い野菜で、若手生産者の参入が多く、産地として勢いのある品目となっている。栽培時はピーマンの樹勢を適正に維持するため整枝作業に重点を置き、SNSグループでピーマンの状況等情報交換しながら栽培を進めている。品種改良された近年のピーマンは苦みが少ないことが特長。

JA全農いわて管内でなすを生産する高橋新輝さんJA全農いわて管内でなすを生産する高橋新輝さん

JAいわて花巻管内でピーマンを生産する照井健二さんJAいわて花巻管内でピーマンを生産する照井健二さん

重要な記事

シンジェンタ ミネクトコネクト SP 231101

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る