左バナー 人事2023
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
片倉コープアグリ:SP ペースト二段施肥
2・PC:朝日アグリア・エコレット
FMCセンターSP:ベネビア®OD

季節のフルーツの新たな魅力発信「一果房」自由が丘に20日オープン 青木商店2023年10月18日

一覧へ

株式会社青木商店は10月20日、旬の果物1種類に特化したフルーツとフルーツジュース、スイーツを提供する新業態店舗「一果房」を東京・自由が丘の新商業施設「JIYUGAOKA de aone」1階に開店。オープン月は「シャインマスカット」など『ぶどう』にスポットを当てた飲み比べや食べ比べ商品を提供する。

季節のフルーツの新たな魅力発信「一果房」自由が丘に20日オープン 青木商店

「一果房」は、全国に180店舗以上を出店する「果汁工房果琳」などフルーツジュース専門店や東北・関東を中心に16店舗出店するフルーツタルト専門店「フルーツピークス」などを展開する青木商店が、2024年の創業100周年プロジェクトの1つとして出店。これまで培ってきたノウハウを結集させた新たなブランドとして展開する。

その日一番おすすめの品種を注文を受けてからその場でジュースにする「旬の一果」(税込750円~)その日一番おすすめの品種を注文を受けてからその場でジュースにする「旬の一果」(税込750円~)

一果房では、その時その瞬間のフルーツと出会う「一果一会」をテーマに、フルーツの専門家が季節ごとに最も勧めたい"ひとつのフルーツ"にスポットを当てたフルーツジュースやスイーツを提供。季節ごとに取り扱うフルーツの種類や店装が移り変わり、スポットを当てたフルーツごとに、様々な品種をいろいろな食べ方で楽しめる。

「一果のパフェ」(税込1200円~)「一果のパフェ」(税込1200円~)

オープンとなる10月から11月末までの間にスポットを当てるフルーツはぶどう。人気の「シャインマスカット」や、種なしで皮ごと食べられることで近年人気を集める黒ぶどう「ナガノパープル」、甘みが強く皮ごと食べられる赤ぶどう「クイーンルージュ」など様々な品種を使ったドリンクやスイーツを楽しめる。なお、12月からのフルーツは、「いちご」予定。

重要な記事

ヤンマーSP

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る