左バナー 人事2023
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
SPヘッダー:石原バイオサイエンス・クロスアウトフロアブル
JA全中中央①PC
FMCセンターSP:ベネビア®OD

JAあいち経済連とコラボ「オフィスで野菜」愛知県産イチジクをサンプリング2023年10月19日

一覧へ

株式会社KOMPEITOが展開する置き型の社食サービス 「OFFICE DE YASAI(オフィスで野菜)」は、全国の地方自治体や各地のJAと連携し、専用冷蔵庫を活用した「オフィスで地方特産フェア」を定期的に実施。その第31弾として、JAあいち経済連の協力で、愛知県産イチジクのサンプリングを実施した。

JAあいち経済連とコラボ「オフィスで野菜」愛知県産イチジクをサンプリング

「オフィスで野菜 地方特産フェア」は、「OFFICE DE YASAI」の売り場を活用したプロモーション・サンプリング事業「OFFICE DE MEDIA(オフィスでメディア)」が、日本各地の自治体やJA、全農と連携して行っている地方特産品等のPRプロジェクト。「OFFICE DE YASAI」の冷蔵庫や、サラダの自販機「SALAD STAND」を活用することで、日本全国各地の特産品をサンプリングでき、オフィスワーカーなど幅広い層に日本全国各地の特産品をPRすることが可能となる。

今回は、JAあいち経済連と、愛知県産イチジクのプロモーションを実施。イチジクを食べやすくカットしてカップに入れ、「オフィスで野菜」の売り場で無料サンプリングした。8月21日から関東の企業を中心に900カップを配布。また、専用アプリ「YASAI PAY(ヤサイペイ)」を活用した試食アンケートを実施した。

サンプリングの様子サンプリングの様子

今回のサンプリングで愛知県産のイチジクを食べた人のうち、美味しかった、好きと答えたのは85%以上。自由記述には「普段あまり食べる機会がありませんでしたが、こうして食べられて嬉しかった」、「イチジクはドライフルーツやジャムでしか食べたことがなかったが生で食べても美味しい」など意見が寄せられた。さらに、「生のイチジクを買って食べてみようと思いましたか?」という質問に対しては約60%のお客様が"思った"と肯定的な回答を示した。

愛知県は全国のイチジク生産量の約20%を占め、全国一位の生産量。通常、イチジクの旬は8月から10月だが、愛知県では露地栽培だけでなくハウス栽培されており、4月から11月まで長期間にわたって収穫・出荷が行われている。

JAあいち経済連の担当者は「お召し上がりいただいた方々のアンケートで、イチジクを初めて食べたというコメントが多数あり驚いた。今後の消費拡大に繋がれば」と期待を寄せている。

重要な記事

ヤンマーSP

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る