人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー:FMC221007SP
日本曹達 231012 PC
JA全中中央SP

埼玉県産生のさつまいもが景品「さつまいもキャッチャー」復活 東洋2023年10月30日

一覧へ

クレーンゲームをテーマにした専門店を運営する株式会社東洋(埼玉県北本市)は、生のさつまいもが景品で、店内で焼き芋にして食べられる人気のクレーンゲーム「さつまいもキャッチャー」を2年ぶりに復活。2021年、2022年とコロナ禍で休止していたが、10月23日から、エブリデイ行田店(埼玉県行田市)に登場し、埼玉県産の生のさつまいもが景品として"出荷"されている。

「エブリデイ行田店」のさつまいもキャッチャー「エブリデイ行田店」のさつまいもキャッチャー

「エブリデイ行田店」は、2012年に世界で初めて「1店舗あたりのクレーンゲーム設置台数でギネス記録」に認定された元祖・ギネス世界一のゲームセンター。初登場の2018年秋冬から2020年秋冬までの3シーズンで、累計300キロ以上の生のさつまいもが獲得されている。

同社はこれまで、埼玉県の芋農家によるサツマイモ専門店「芋屋TATA」で仕入れた埼玉県産「紅はるか」と「安納芋」の2品種を使っていたが、今年は天候などの関係で「紅はるか」のみを使用。行田店では、さつまいもキャッチャーのすぐ斜め後ろに電子レンジや、電子レンジで調理可能な焼き芋器、紙皿などを用意し、自由に使える調理コーナーを設置しており、クレーンゲームで獲った生のさつまいもを、その場で焼き芋にして食べられる。また、今年からエブリデイとってき屋 東京本店 (埼玉県八潮市)でも展開している。

同社は、さつまいもの収穫量や、寝かせて熟成させている貯蔵量などを鑑み、今期も入荷可能な限り、「さつまいもキャッチャー」の展開を継続していく。

2019年に展開したさつまいもキャッチャー2019年に展開したさつまいもキャッチャー

重要な記事

ヤンマーSP

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る