左バナー 人事2023
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
SPヘッダー:石原バイオサイエンス・クロスアウトフロアブル
日本曹達 231012 PC
FMCプレバソンSP

自社栽培の近鉄いちご「はるかすまいる」 販売開始 近鉄百貨店2023年12月6日

一覧へ

株式会社近鉄百貨店は、いちご生産事業に参入し自社農場で栽培した近鉄いちご「はるかすまいる」を、あべのハルカス近鉄本店(大阪府阿倍野区)で12月6日から販売する。

近鉄いちご「はるかすまいる」近鉄いちご「はるかすまいる」

生産から販売までを自社で担う同社のいちご生産事業への参入は、高収益事業への事業構造改革の一環としての取り組み。2022年8月に新しく専任チームを立ち上げ、農業を手がける事業者と提携し、直営いちご農園「はるちかファーム」(大阪府南河内郡河南町)において生産設備や栽培のノウハウを受けながら、今冬の販売開始を目指してきた。

近鉄いちご「はるかすまいる」の品種は「紅ほっぺ」で、甘みが強く酸味もやや強めで、いちご本来の甘酸っぱさとコクを味わえる。今後はあべのハルカス近鉄本店だけではなく、近鉄百貨店各店での販売も予定。1月下旬以降には奈良店、橿原店、生駒店で「はるかすまいる」を使ったパンやスイーツの販売を予定している。

近鉄百貨店直営いちご農園「はるちかファーム」近鉄百貨店直営いちご農園「はるちかファーム」

同社は今後、いちご以外のフルーツの生産にも挑戦し、新鮮で高品質のフルーツを消費者に届ける。また、こうした生産事業の活動の中で、沿線価値の向上や地域活性化に取り組み、就農人口の減少や土地の再活用など地域が抱える課題解決につなげる。

近鉄いちご「はるかすまいる」ロゴマーク近鉄百貨店は、ESG方針「地域に寄り添い、地域と活きる」の重要課題の1つとして、「地域共創の実現」を掲げている。地域とともに成長・発展する地域共創型の百貨店として、地域の生産者や事業者と連携した取り組みを実施。百貨店がもつ多様な販売チャネルの強みを活かし、地域産業の発展、活性化をめざす。

重要な記事

ヤンマーSP

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る