人事2024 左バナー 
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
240401・ニッソーグリーン マスタピース水和剤SP
日本曹達 231012 PC
FMCプレバソンSP

生産量わずか「青森りんご 世界一」100%ジュース 26日から発売 JR-Cross2024年3月21日

一覧へ

JR東日本クロスステーション ウォータービジネスカンパニーは3月26日、"エキナカ"で展開するオリジナル飲料ブランド「acure made<アキュアメイド>」の「青森りんごシリーズ」から、「青森りんご 世界一」を数量限定で発売する。

通販限定の「青森りんごシリーズ20本セット」(世界一4本入)通販限定の「青森りんごシリーズ20本セット」(世界一4本入)

JAアオレンと共同開発している「青森りんごシリーズ」は、原材料がりんごだけのストレート果汁100%ジュース。製造過程で空気に触れない状態で破砕・搾汁するJAアオレンの独自製法『密閉搾り』で製造している。

「青森りんご 世界一」は2020年10月、東京駅と上野駅に設置した「りんご自販機」で数量限定で発売し、同時期に東京駅と上野駅に設置した「りんご自販機」では同商品を求める行列ができるほど人気を集めた。また、通販限定ギフト1000セットがわずか36分で完売するなど話題になった。りんご自販機は、2017年3月に青森駅と新青森駅に初めて登場。「青森りんごシリーズ」のみを販売する自販機として、駅の利用者や観光客などから注目され、青森のガイドブックにも掲載された。

「青森りんご 世界一」(340円)は、東京、上野、新青森、弘前駅に設置した計4台のりんご自販機とJR東日本エリアの一部の「NewDays」でも販売。また、同社の通信販売では「青森りんご 世界一」が4本入った「青森りんごシリーズ20本セット」(4810円)を販売する。価格はいずれも税込。

りんご品種の「世界一」は、「デリシャス」と「ゴールデンデリシャス」の交配種で、青森県のりんご試験場で育成されたりんご。誕生当初サイズが世界一大きいと言われたことが品種名の由来となっている。小さいもので約350グラム、大きめのものは500~600グラムで、特に大玉のものは 1キロ近くになり、甘味と酸味のバランスが良くまろやかさが感じられる。

重要な記事

240401・シンジェンタ粒粒マイスター:右上長方形SP

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る