人事2024 左バナー 
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー:FMC221007SP
JA全中中央①PC
FMCプレバソンSP

東京都産の採れたて野菜が食べられるマルシェイベント 吉祥寺で開催2024年3月22日

一覧へ

コピス吉祥寺(東京都武蔵野市)は3月30日、31日の2日間、東京都産野菜がテーマのマルシェイベント「農toコーヒーのマルシェ」をコピス吉祥寺 屋上スペースで開催する。

東京都産の採れたて野菜が食べられるマルシェイベント 吉祥寺で開催

同イベントは、人と自然のつながりや季節ごとの旬を知り、"地元のおいしい"を届けるため2023年7月に開かれた「農to食のマルシェ」の第二弾。今回は、東京都のファームや、食料自給率0%の東京から実現する地産地消プロジェクト「VEGESH TOKYO」と組み、東京都の新鮮で美味しい採れたて野菜を集める。

さらに、農家が手間暇をかけて作った産品を見たり触れたりしながら、ゆっくりと時間を過ごせるよう、東京都のカフェが出店し、スペシャリティーコーヒーを用意。近いようでなかなか出会えない東京都産野菜の魅力を知ることができる2日間となる。

東京都産の採れたて野菜が食べられるマルシェイベント 吉祥寺で開催

期間中は、東京都で育てた希少な採れたて野菜や、こだわりの東京都産品が登場。八王子市にある江戸時代から続く農家「中西ファーム」や、東京都では珍しいエディブルフラワー(食用花)といちごを栽培している立川市の農家「あみちゃんファーム」など旬の東京都産野菜や果物が登場する。また、練馬区の川原製粉所の「東京麦茶」や、大正2年創業「遠忠食品」の江戸前の佃煮など、こだわりの東京都産品も並ぶ。開催時間は各日10:00~18:00。入場無料。

コピス吉祥寺アクセスMAPコピス吉祥寺アクセスMAP

◎販売予定の東京都産野菜
・清瀬市の関健一さんが育てた、ココミニトマト、ココトマト、ココナス
・清瀬市の野村浩敬さんが育てた、小松菜
・その他、練馬区、清瀬市、府中市、江戸川区の畑で作られた、ミディトマト、ほうれん草、チンゲン菜、かぶ、生椎茸、すずきのこ、江戸川小松菜などを予定。

重要な記事

240401・シンジェンタ粒粒マイスター:右上長方形SP

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る