人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー:FMC221007SP
FMCセンターPC:ベネビア®OD
JA全中中央SP

国産山椒の取り扱い拡大「奈良朝倉山椒」新発売 カネカサンスパイス2024年6月11日

一覧へ

株式会社カネカサンスパイス(大阪市淀川区)は、奈良県五條市で栽培されている国産山椒「奈良朝倉山椒」の取り扱いを開始する。

奈良朝倉山椒奈良朝倉山椒

国内の山椒の収穫量は、農家の高齢化の影響で、2015年の1099トンから2021年は503トンと激減。この危機的状況に際し同社は2023年、山椒の持続的な生産に貢献するため、有田川ぶどう山椒の若手農家の支援に乗り出した。この活動がメディアなどに取り上げられたことから、奈良県五條市で朝倉山椒を栽培している萩本農園から直接問い合せがあり、このほど取り扱いを始めることになった。

萩本農園代表の萩本賢一さんは、100年以上続く農園の5代目。子どものころは、農業が好きではなかったが、偶然目にしたお客様からの感謝の手紙がきっかけで、父の減農薬へのひたむきな取り組みを知り、「自分もお客様から感謝される作物を作りたい」と就農することを決意。今回は、「必要最低限の農薬だけで栽培した山椒」を、消費者に顔が見える形で届ける。

奈良県朝倉の山椒農家「萩本農園」の萩本代表奈良県朝倉の山椒農家「萩本農園」の萩本代表

「朝倉山椒」は1912年、植物学者の牧野富太郎氏によって、山椒の新品種「アサクラザンショウ」として登録されたのが始まり。代表的な産地は、兵庫県養父市だが、棘が無く育てやすいこともあり、奈良県のほかにも西日本の広い地域で栽培されている。緑の美しさと、さわやかな香り、すっきりとした痺れが特徴の品種となる。「奈良県産朝倉山椒」(500g)は、5400円(税込、送料込み)。

重要な記事

ヤンマーSP

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る