人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
240401・ニッソーグリーン マスタピース水和剤SP
FMCプレバソンPC
FMCセンターSP:ベネビア®OD

兵庫県川西市 特産早生の「桃」収穫開始 21日に即売会を開催2024年6月19日

一覧へ

兵庫県川西市の南部にある加茂地区で、特産の早生(わせ)桃の収穫が開始。川西市特産物イベント実行委員会が6月21日に「桃の即売会」を開催する。

川西特産早生桃の収穫

川西特産早生桃の収穫

加茂地区で最も多く栽培されている「日川白鳳(ひかわはくほう)」の収穫は、来週には全盛期を迎え、JA兵庫六甲の農産物直売所「スマイル阪神」(伊丹市)のほか、市内や近隣市のスーパーなどで販売される。

加茂地区で早生桃を栽培している農家の大田雅之さん(63)は、約2000平方メートルの桃畑で、早生品種の「日川白鳳」や「花嫁」など桃の木を約50本を栽培しており、桃畑には甘い桃の香りが漂う。大田さんの畑では「日川白鳳」の出荷は30日ごろまで続き、桃は中1個当たり220グラムのものを中心に、JA兵庫六甲や市場などに出荷される。

大田さんは「今年は害虫の被害などを少し心配していたが、味も含め、順調に育っている。川西の桃は市場に近いため、収穫した翌日には店頭に並びます。この新鮮でおいしい桃を多くの人に味わっていただきたい」と話した。

また、6月21日には川西市特産物イベント実行委員会が主催で「桃の即売会」を開催。午前10時からアステ川西ぴぃぷぅ広場(栄町)で販売する。価格は、大サイズ1800円、中サイズ1400円(ともに1箱6個入り)で販売。1人当たりの購入箱数の上限は、当日の入荷個数により決定。

重要な記事

日本曹達_ナブ乳剤_SP

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る