人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCベリマークSC:(SP)ヘッダー
FMCセンターPC:ベネビア®OD
JA全中中央SP

きゅうり新品種「ノエボ」8月1日発売 久留米原種育成会2024年7月2日

一覧へ

きゅうり種子の品種開発に特化した株式会社久留米原種育成会(福岡県久留米市)は、新たに開発した品種「ノエボ」を発売。久育種苗が8月1日から販売する。

きゅうり新品種「ノエボ」8月1日発売 久留米原種育成会

同社は、西南暖地で盛んな「つる下ろし栽培」に向く品種「輝世紀」に次いで17年ぶりに「ノエボ」を発表。9月下旬頃に定植し翌年6月まで収穫を行うつる下ろしは、栽培期間が長く、冬の厳しい寒さに耐えられる持久力と継続した果形の秀品率や耐病性が求められる。そのためクオリティの高い品種を開発するには他の栽培方法と比較して難易度が高く、より良い新商品を届けるため試行錯誤を重ねてきた。

2023年からノエボの試験に着手し、宮崎県のきゅうり生産者を中心に試験的に栽培。試作を通して雌花が連続着果し、果実肥大が良く、果形が安定している点が評価されたことから、新品種を発表した。

スペイン語で「新しい」という意味の「ノエボ」は、 "エボ"リューション=進化を彷彿とさせることから、きゅうり業界に新しい風を巻き起こして欲しいという願いを込めて「ノエボ」と命名された。YouTube「KYUIKUグループチャンネル」では栽培ポイントなどを紹介している。

きゅうりの新品種「ノエボ」

◎「ノエボ」品種特性
【雌花率】
2月定植:90-100%
8月定植:60-70%

【適応作型】
半促成(3~4月定植)
抑制(8~9月定植)
越冬(9~10月定植)

【耐病性】
うどんこ病・褐斑病・べと病に強い複合耐病性

重要な記事

ナガセサンバイオ右上長方形SP 20230619

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る