人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
ヘッダー:FMC221007SP
日本曹達 231012 PC
日本曹達 231012 SP

サステナブルお茶ブランド「Ochanowa」新発売 マイファーム2024年7月9日

一覧へ

マイファームは7月1日、サステナブルな日本茶習慣を提案する新ブランド「Ochanowa」の新商品をECサイトで発売。耕作放棄地を減らし、オーガニックな日本茶の栽培面積を増やし、日本茶の新たな価値を提供することを目指している。

サステナブルお茶ブランド「Ochanowa」新発売 マイファーム新商品は、担い手がいないために耕作放棄される可能性のあった茶園を引き継いで再生し、オーガニック日本茶として再出発したもの。また、お茶だけでなく、マイボトルを持って日本茶を持ち歩くサステナブルな習慣も提案する。

「Ochanowa」を運営するマイファームは、有機栽培の課題に挑みながら、豊富な農業ノウハウとエキスパートとの協力を活かし、日本が誇る茶生産から販売まで一貫して行っている。

新商品は、神奈川県愛川町の恵まれた自然環境で育まれた自社農場の茶葉。厳選された茶畑で丹精込めて育てた茶葉は、化学肥料や化学農薬を一切使わずに、自然の恵みだけで育てられているため、自然本来の風味や香りを余すことなく楽しめる。茶葉は、新鮮な状態を保つため丁寧に加工されている。

新商品の「一番茶 煎茶 ティーバッグ」(1080円)は、収穫したばかりの一番茶の茶葉をすぐに製茶しティーバッグに入れた。また、「一番茶 煎茶 パウダースティック」(1080円)は、ボトルに入れやすいスティックタイプのお茶で、ペットボトルやOchanowa専用ボトルにいれて楽しめる。このほか、ティーバッグやスティックタイプの茶葉をそのまま入れて、簡単に本格的なお茶を楽しめる「Ochanowaマイボトル」(1650円)も発売した。

さらに、マイボトルとOchanowaの2種の茶葉がセットになった「一番茶 煎茶 専用ボトル限定セット」(3810円)を300個限定で発売。無駄を省いたシンプルモダンなギフトボックスで届ける。お茶から始まる"サスティナブルな習慣"のプレゼントにもおすすめ。価格はいずれも税込。

一番茶 煎茶 専用ボトル限定セット一番茶 煎茶 専用ボトル限定セット

重要な記事

240401・シンジェンタ粒粒マイスター:右上長方形SP

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る