肉・卵・乳製品 ニュース詳細

2016.12.21 
北海道の鳥インフル H5N6亜型と確定一覧へ

 北海道清水町で12月16日に発生が確認された高病原性インフルエンザの遺伝子解析の結果が12月20日に公表された。

 農業・食品産業技術総合研究機構動物衛生研究部門が遺伝子解析を実施し、高病原性鳥インフルエンザの患畜であることを確認した。
 また、ウイルスはH5N6亜型と確定した。11月末からの青森県と新潟県の発生事例と同じ型。韓国でも同タイプのウイルスによる高病原性鳥インフルエンザが発生している。

【鳥インフルエンザ】
 鳥インフルエンザはA型インフルエンザウイルスが引き起こす(インフルエンザウイルスにはほかにB型とC型がある)。 わが国の家畜伝染病予防法では、病原性の程度と変異の程度で高病原性鳥インフルエンザと低病原性鳥インフルエンザ(以上、法定伝染病)、鳥インフルエンザ(届出伝染病)の3つに分類されている。
 A型インフルエンザウイルスは、ウイルス表面にあるタンパク質、HA(ヘマグルチニン、赤血球凝集)とNA(ノイラミニダーゼ)の種類によって亜型(サブタイプ)に分類される。ウイルスはこのHAの働きによって細胞に感染する。
 HAは16種類、NAは9種類あり、その組み合わせでH5N6亜型などと表記する。

(関連記事)

鳥インフルで英国からの輸入停止措置 農水省 (2016.12.20)

北海道・宮崎県で鳥インフル発生-野鳥の侵入防止など徹底を (2016.12.20)

【流行に注意】 青森・新潟の鳥インフル 韓国や国内野鳥と同一由来 (2016.12.9)

青森 鳥インフルと特定(2016.12.06)


 

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ