JAの活動 ニュース詳細

2018.05.11 
JA全農が「酪農の夢」コンクールで募集開始一覧へ

・農学生の熱い思いを!

 JA全農はこのほど、「酪農の夢」コンクールの募集を開始した。

2017年の酪農体験発表会と「酪農の夢」コンクールの受賞者 同コンクールは毎年開かれる「全農酪農経営体験発表会」に併せて行われるもので、全国で農業を学ぶ大学生や高校生などを対象に、酪農への夢や熱い思いなどを盛り込んだ作文を募り、その内容を競うもの。今回で第12回目となる。前回の最優秀賞は愛知県立農業大学の酒井太朗さんが選ばれた。表彰式は9月7日、東京・大手町の日経ホールで行われる。
 最優秀賞には賞金20万円(賞状と盾)が贈られるほか、牧場での酪農や乳製品製造などの研修体験(3泊4日)ができる。JA全農では日本の酪農や乳業を未来あるものにするアイデアや切り口など、若々しい情熱溢れる作品を期待している。

(写真)昨年の酪農経営体験発表会と「酪農の夢」コンクールの受賞者

 

コンクールの詳細は次の通り。

○テーマ:
(1)日本の酪農や乳業に期待すること
(2)牛乳・乳製品の販売・消費のあり方や消費拡大のアイデア
(3)私の目指す酪農経営
(4)獣医師、農協職員、乳業関係者など酪農関係者となって実現したいこと
(5)その他
○応募締切:6月22日、当日消印有効。
○応募資格:大学、大学院、短期大学、農業大学校、各種専門学校、高校に在籍する学生や生徒。所属学科や専攻内容は問わない。
○応募規定:
▽本人の原著で未発表かつ日本語で書かれたものに限る。
▽字数の目安:2500字以上、3000字以内でタイトルは必ずつけること。
▽A4判用紙横書きで、手書き、パソコンいずれも可。
○応募方法と宛先および問い合わせ先:郵送または電子メールで原稿を添付。
・郵送:宛先は全農学生「酪農の夢」コンクール事務局(株式会社オフィスワイズ内、〒105-0012 東京都港区芝大門1-6-5 芝大門165ビル)まで。
・E-mail:ja-rakunou@wiseinc.co.jp
・TEL:03-5776-7216

 

(関連記事)
第2回和牛甲子園が来年1月開催へ(18.04.06)
海外ネットワークで飼料原料を安定調達 JA全農(18.04.02)
酪農農業所得39.3%増 養豚除き軒並み好調へ(17.12.26)
JA全農が酪農体験発表会(17.09.27)
国産牛乳・乳製品の価値発信(15.12.18)
地域を支え支えられ 酪農家が先進経営を発信(15.10.01)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ