農政 ニュース詳細

2014.10.10 
天気予報で食品ロス減らす 日本気象協会一覧へ

 一般社団法人日本気象協会は、食品メーカー、卸売・小売業者と連携して、天気予報から食品の需要予測を割り出し、食品ロスの削減や省エネ物流を実現しようという試みをスタートする。10月9日に発表した。

 食品の物流は、製造、卸、小売など各社が独自にPOSデータなどのビッグデータを使って需要予測を行っているのが一般的だ。今回の試みは、そうしたデータに同協会が気象情報を加えて高度な需要予測を行い、各社にデータを提供しようというもの。同協会によれば、こうした異業種間で気象情報を共有する試みは業界初だという。
 これにより、綿密な生産計画を立てて食品ロスを減らすとともに、廃棄や返品、回収にかかる輸送量を減らしCO2を5%減らすことをめざす。
 26年度は、日持ちしない冷蔵食品の代表である「豆腐」と、特定の時期に需要が集中する季節商品の定番である「麺つゆ・鍋つゆ」の2品目に絞り、関東地域を対象に事業を実施。豆腐は1日1回、麺つゆ・鍋つゆは1週間に1回、日本気象協会がデータを取りまとめ、メーカー、卸、小売、などに情報提供する。
 27年度以降は、対象商品を食品に限らず、気象条件によって廃棄や返品ロスなどが生じているすべての商品に拡大し、対象地域も全世界に広げる予定。同協会では、「各流通段階で適正な在庫を確保することにより商品の安定供給が可能になり、最終消費者もメリットを得られる」とコメントしている。

本事業の概観図

(上イラストは、本事業の概観図。日本気象協会の発表資料より)


(関連記事)

食品産業もったいない大賞 今年の募集スタート(2014.10.01)

複数年産米コメ市場の設立へ 国産米使用推進協(2014.09.18)

米2800kgを福祉施設へ寄付 コープみらい(2014.04.25)

年間の食品廃棄物191万トン(2014.04.02)

食品ロス削減に向けて、国民運動展開 農水省(2013.10.28)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ