農政 ニュース詳細

2018.05.16 
1~3月の農産物輸出 前年比10.7%増-農水省一覧へ

 農林水産省は5月11日、今年1月から3月の農林水産物・食品の輸出実績を公表した。対前年同期比で10.7%増加した。

 輸出実績は2056億円。農産物が1286億円、水産物が682億円、林産物が88億円でいずれも前年同期より伸びた。
 品目別では牛肉(50.6%増)、りんご(49.05%増)などが伸びた。また、日本酒も26.4%増となった。農水省によると日本食人気を背景に堅調な需要があるという。その他の農産物では中国で需要がある植木が38.6%増となった。
 林産物では丸太が中国向けに増え、合板がフィリピン向けに増えたという。水産物ではアフリカ地域向けのサバが増えた。 農林水産物・食品の輸出は平成25年から5年連続で増加し29年実績は8071億円となった。政府は31年に輸出額1兆円を目標にしている。

 

(関連記事)
(073)米国から見た農産物輸出市場としての日本(18.03.09)
農林水産物輸出4.5%増 29年上半期(17.08.21)
農林水産物輸出8073億円 5年連続増加-農水省(18.02.09)
【JAの農産物輸出】JA常総ひかり ベトナムへ梨100トンで所得向上を実現(17.11.30)
国産の農畜産物をPR 第1回〝日本の食品〟輸出EXPO(17.10.13)
輸出促進でJAグループが新法人設立へ(16.05.13)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ