農薬 ニュース詳細

2018.01.05 
農薬工業会が賀詞交歓会一覧へ

 農薬工業会は5日、毎年恒例の賀詞交歓会を東京・大手町の経団連ホールで、農林水産省、農薬メーカー、学識経験者など関係者約350名を集めて開催した。

西本麓・農薬工業会会長(住友化学代表取締役兼専務執行役員) 冒頭の挨拶に立った工業会の西本麗会長(住友化学代表取締役兼専務執行役員)はまず、世界の農薬業界がいま、マルチ企業のメガM&Aによる再編が進んでいること、将来の開発途上国の人口増加と経済成長を背景に農薬市場は成長軌道に乗る「新しい時代」を迎えるであろうとの認識を示した。
 また年末に発表された農業総算出額が16年ぶりに9兆円を超え、果樹・野菜・花卉の農業所得が13.8%増加となったことは、ここ数年の農業改革の成果の表れであり、このトレンドが引き続いていくことに期待感を示すとともに、高品質な農薬を提供してきた業界の役割の重要性を強調した。
 さらに、「農薬取締行政の改革」に対しては工業会としても的確に対応し、農薬の一層の安全性を確保する体制構築に協力していくと述べるとともに、今後とも、農薬業界の使命は「高品質な農薬を提供」していくとした。

農薬工業会2018賀詞交歓会のようす(写真)農薬工業会2018賀詞交歓会のようす

 

 また、来賓を代表して挨拶に立った農水省農産安全管理課の安岡澄人課長は、農薬行政としての抱負を、(1)農薬の安全性をさらに高め、信頼性をゆるぎないものにする、(2)農薬工業会の強みを発揮して、世界市場に挑んでいくための環境整備、(3)農薬取締法の評価見直しについては、業界との共同作業で進めていくことが大事であると述べた。

 

(関連記事)
西本 麗 氏(農薬工業会 会長)(18.01.02)
宇野 彰一 氏(全国農薬協同組合 理事長)(18.01.02)
貫 和之 氏(住友化学株式会社 常務執行役員)(18.01.02)
小池 好智 氏(クミアイ化学工業株式会社 代表取締役社長)(18.01.02)
谷 和功 氏(三井化学アグロ株式会社 代表取締役社長)(18.01.02)
高機能な新規剤提供で世界の農業に貢献【谷 和功・三井化学アグロ(株)代表取締役社長】(17.12.28)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ