左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

【コラム・消費者の目】すいかブロックにハマる2017年9月5日

一覧へ

【花ちゃん】

 私にとって夏といえばすいかです。近所のスーパーでは、すいかブロックの売り場が3倍に拡張されました。すいかブロックは、赤い実の部分だけが4センチX4センチX 2センチほどの一口サイズに切り分けられており、皮はついていません。それが12~15個入ったものが1パックとして販売されています。6分の1カットの半分ほどの量ではないかと思うのですが、夫婦2人でデザートとして食べるにはちょうど良い量なのです。

◇   ◇

 産地も熊本から始まって、千葉、鳥取、新潟、山形と様々な産地のものがあり、各地のすいかを週替わりで食べることができるのも楽しみです。冷蔵庫の野菜室を占拠されることもなく、生ごみも出ないことがかなり嬉しいらしく、今では妻が積極的にすいかブロックを買うようになりました。こんなに多くの産地のすいかを食べられるなんて、今まででは絶対に考えられないことだったので、すいかブロックのお蔭です。

◇   ◇

 6分の1カットが400円くらいする時に、すいかブロックは300円くらいです。すいかブロックの量は6分の1カットの半分ほどですので、すいかブロックの方がカットすいかに比べると1.5倍ほど割高です。にもかかわらず、すっかりすいかブロックの虜になってしまいました。1玉丸ごと買うことに喜びを感じていたのに、自分でも驚いています。すいかは中心に近い方が甘いので、種が見えているブロックの多いものを選んでいます。今のところこの作戦は成功しているようです。

(関連記事)


【コラム・消費者の目】「ぶどう」に期待(16.10.06)


【コラム・消費者の目】スイカを守る(16.08.02)


【コラム・消費者の目】スマホでスイカ栽培(15.08.07)

最新の記事

ナガセサンバイオSP

注目のテーマ

注目のテーマ

DiSC:SP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
topへ戻る