想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

【コラム・消費者の目】スマホでスイカ栽培2015年8月7日

一覧へ

【花ちゃん】

 八百屋だった叔父は毎年夏になるとスイカを届けてくれました。今ではほとんど見なくなったピンクと白のビニールひもで編んだネットに入れられたスイカが届くと、子供ながらにとてもワクワクしたものです。緑色に黒いぎざぎざの縞模様、赤い果肉と黒い種のコントラスト。その晩は不思議な昂揚感に満たされていました。

 初めてスイカに挑戦したのは、高校生の時でした。通学途中にある苗屋さんで小玉スイカの苗を購入して、自宅の裏手のちょっとしたスペースに植え付けました。たった1株だけでしたが、見事に着果しました。大喜びしたのもつかの間、ソフトボールぐらいの大きさになったところで、こつ然と姿を消したのでした。その喪失感たるや、言語に尽くしがたいものがありました。
 次にスイカに挑戦したのは、今から20年ほど前。ある農協さんの市民農園で、朝顔のように仕立てられネットで支柱に吊るされたスイカを見て、かっこいいなあと思ったのでした。見よう見まねでやってはみたものの、着果するどころかツルの成長が止まってしまって、大失敗。それ以来スイカは封印してきたのでした。
 しかし、今年はスイカ栽培に再挑戦しています。大玉のスイカです。2株植えて3玉着果しました。大きいものはバレーボールぐらい、残りの2玉もドッジボールくらいにまで肥大してきました。大成功とは言えませんが、それなりの成功の秘訣はスイカのプロにアドバイスをもらったことです。i-phoneで写真を撮って先生に送ると、的確なアドバイスを返してくれます。まったく、便利な世の中になったものです。

最新の記事

ケツト科学研究所:SP

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る