コラム 詳細

コラム:消費者の目

【花ちゃん】

2015.08.07 
【コラム・消費者の目】スマホでスイカ栽培一覧へ

 八百屋だった叔父は毎年夏になるとスイカを届けてくれました。今ではほとんど見なくなったピンクと白のビニールひもで編んだネットに入れられたスイカが届くと、子供ながらにとてもワクワクしたものです。緑色に黒いぎざぎざの縞模様、赤い果肉と黒い種のコントラスト。その晩は不思議な昂揚感に満たされていました。

 初めてスイカに挑戦したのは、高校生の時でした。通学途中にある苗屋さんで小玉スイカの苗を購入して、自宅の裏手のちょっとしたスペースに植え付けました。たった1株だけでしたが、見事に着果しました。大喜びしたのもつかの間、ソフトボールぐらいの大きさになったところで、こつ然と姿を消したのでした。その喪失感たるや、言語に尽くしがたいものがありました。
 次にスイカに挑戦したのは、今から20年ほど前。ある農協さんの市民農園で、朝顔のように仕立てられネットで支柱に吊るされたスイカを見て、かっこいいなあと思ったのでした。見よう見まねでやってはみたものの、着果するどころかツルの成長が止まってしまって、大失敗。それ以来スイカは封印してきたのでした。
 しかし、今年はスイカ栽培に再挑戦しています。大玉のスイカです。2株植えて3玉着果しました。大きいものはバレーボールぐらい、残りの2玉もドッジボールくらいにまで肥大してきました。大成功とは言えませんが、それなりの成功の秘訣はスイカのプロにアドバイスをもらったことです。i-phoneで写真を撮って先生に送ると、的確なアドバイスを返してくれます。まったく、便利な世の中になったものです。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ