Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
石原ヘッド:SP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

コロナ解放記念日への秒読み【森島 賢・正義派の農政論】2021年6月14日

一覧へ

コロナ禍から解放される日が、日本にも近づいてきたようだ。その日はいつか。

いよいよ、秒読みが始まった。この秒読みは、普通の秒読みと違って、待てば来るというものではない。努力次第で短くもなるし、長くもなる。先週の資料で試算すると、12月21日が解放記念日になる。

楽観的な見方かもしれないが、ワクチンの接種が功を奏すれば、年末には盛大な忘年会ができるかもしれない。秋の観楓会や芋煮会で、大騒ぎできるかもしれない。

早ければ早いほどいい。いま、コロナで1日平均78人の人が死亡している。遅くなれば、それだけ死亡する人が増える。

また、悲観的な見方かもしれないが、コロナ解放記念日が来る前に、変異種が猛威をふるい、大きな第5波になって襲ってくるかもしれない。オリパラ大会など、行っているときではない。

最近、ワクチン接種の加速度が、鈍ってきたようである。

コロナから解放される日

上の表は、いくつかの仮定をおき、ワクチンの接種によって、コロナ禍から解放される日を試算したものである。

ここでは、ワクチンを60%の国民が2回づつ、つまり1億5000万回接種すれば、集団免疫を獲得でき、そうすれば、コロナ禍から解放されるとした。

すでに2000万回接種している。だから、あと1億3000万回接種すれば、コロナから解放される。

それまでに、あと何日かかるか。それは、いつになるか。

表の中の第1行が示していることは、先週の1日あたりの接種回数は、67万回だったが、この速さで今後も接種を続けると、12月21日が解放記念日になる、ということである。

第2行は、先々週の実績に基づく試算である。解放記念日は、12月29日になる。第3行は、その前の週の実績に基づく試算である。・・・・・・

最下行は、菅 義偉首相が公約したように、1日100万回接種した場合である。解放記念日は、10月17日になる。そうなれば、観楓会も芋煮会もできるだろう。

この表から分かることは、5月の連休明けから、急速にワクチンの接種を加速し、その結果、コロナからの解放を早めたことである。

そして、もしも1日100万回を達成できれば、秋には解放記念日を迎えられる、ということである。

ただし、ここには、いくつかの前提条件がある。それは、変異型コロナの猛威を、充分に抑え込む体制を整備することである。そして、それに総力を注ぎ込むことである。それを妨げることを、徹底的に排除することである。

オリパラ大会を開催する力があるなら、その力をコロナ対策に使うべきである。その分だけコロナの猛威を軽減できる。

どうしても開催したいのなら、本土から遠く離れた無人島を会場にするしかない。しかし、コロナで生命の危険にさらされている本土の感染者を見捨てて、政府に協力する医師や看護師はいないだろう。だから、やめるしかないのだ。

この表から最も懸念されることは、オリパラに振り回されて、最近の接種回数の増え方が、やや鈍ってきたことである。先々週と比べて、先週は接種回数が3万回しか増えていない。そのため、解放記念日が8日間しか近づいていない。

何が、その原因か。どうすれば、その原因を取り除けるか。誰が、それを究明しているか。事実に基づく科学的な解明が必要だろう。

そして、そこに、オリパラの方が国民の生命よりも大事、という政治に対する不信がないか。

(2021.06.14)

(前回  各県がコロナから解放される日

(前々回 ワクチン作戦の正念場

(「正義派の農政論」に対するご意見・ご感想をお寄せください。コチラのお問い合わせフォームより、お願いいたします。)

正義派の農政論ー森島.jpg

最新の記事

シンジェンタSP210720-

JA人事

ヤンマーSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る