Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

大賞受賞28作品を表彰 JA共済書道・交通安全ポスターコンクール大賞受賞28作品を表彰 JA共済書道・交通安全ポスターコンクール2013年2月4日

一覧へ

 JA共済連は「平成24年度JA共済全国小・中学生 書道・交通安全ポスターコンクール」表彰式を2月1日、東京・平河町のJA共済ビルで開いた。

nous1302040901.jpg 今年で56回目を迎えた「書道コンクール」には全国から約147万7000点、41回目を迎えた「交通安全ポスターコンクール」には約16万4000点の応募があった。この日はそのなかから大賞に輝いた28人を表彰。JA共済連の安田舜一郎経営管理委員会会長は「質・量ともにわが国屈指のコンクールとして各界から高く評価されるまでに成長した。さらに発展させていきたい」とあいさつした。
 書道の審査員長を務めた日展常務理事の新井光風氏は「一生懸命書いている姿が目に浮かんできた。一つひとつみなさんの気持ちが作品を通じて伝わってくる。心から拍手を贈る作品ばかり」と評価。
 ポスターコンクールの審査員長を務めた多摩美術大学名誉教授の中島祥文氏は「一点一点に交通安全の思いがどのようにしたら伝わるだろうかという工夫が見られた。ポスターは“考えて作る”ところが大事」と述べた。
 大賞作品は2月8日までJA共済ビル2階エントランスホールに展示しているほか、2月9日からは山梨県を皮切りに全国を巡回する。
 作品展示会のスケジュールは次の通り。
▽2月9日(土)?12日(火) 山梨・イオンモール甲府昭和3階イオンホールA、B
▽2月22日(金)?24日(日) 岡山・イオンモール倉敷1階ワクワクコート
▽3月1日(金)?3日(日) 北海道・札幌駅地下歩行空間北大通交差点広場(西)
▽3月15日(金)?17日(日) 福井・ラブリーパートナーエルパ1階西口エルパスペース
▽3月22日(金)?29日(金) 東京・JAビル4階農業・農村ギャラリーミノーレ

 大賞受賞者はこちらの記事から。
「全国小・中学生書道・交通安全ポスターコンクール」の入賞者決まる  JA共済連 (2012.12.13)

(関連記事)

気仙沼の復興テーマに学生がアイデア発表 早稲田大の寄附講座  JA共済連 (2012.12.06)

生命総合共済など順調に伸長 JA共済24年度上半期業績 (2012.12.03)

鹿児島の古里氏が最優秀賞 JA共済自動車指定工場フロントマン技術協議会 (2012.11.19)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る