金融・共済 ニュース詳細

2013.04.09 
復興支援のリース料助成1億5900万円に一覧へ

 農林中央金庫は東日本大震災による被災農業者の早期経営再開を後押しするため、農機等をリース方式で取得する農業者に対してリース料の一部を助成する支援策を実施している。

 24年度分は昨年7月から助成申請を受け付け今年2月末に受け付けを終了した。
 助成件数は370件でリース料総額は約16億円となった。このうち10%を助成することにしていることから、助成額は1億5900万円となった。
 また、被災地では浸水農地復旧や営農再開に時間がかかっていることをふまえ、25年度も対象地域を重点化して支援を継続することを決めた。助成額は10億円(24年度分を含む累計金額)。
 対象者はJAやその関係会社を通じて、リースで対象農機や園芸施設などを借りた人。リース対象物件の納入業者による助成協力がなくても助成対象とする。
 対象JAは以下の通り。(岩手県)▽JA新いわて▽JAいわて花巻▽JAおおふなと、(宮城県)▽JA南三陸▽JAいしのまき▽JA仙台▽JA名取岩沼▽JAみやぎ亘理、(福島県)県内全JA。


(関連記事)

JA貯金95兆円を目標 JAバンク中期戦略(2013.04.08)

食と地域のくらしに貢献 農林中金中期計画(2013.04.08)

「挑戦意欲あふれる人材を」 農林中金が入庫式(2013.04.02)

JA貯金、残高90兆3000億円 農林中金(2013.04.01)

農業金融プランナー新た942人 農林中金(2013.03.21)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ