Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

「挑戦意欲あふれる人材を」 農林中金が入庫式2013年4月2日

一覧へ

 農林中央金庫は4月1日、都内で新入職員の辞令交付式を行い、今年度の入庫者118人が参加した。

 河野良雄代表理事理事長は訓話の中で、農林中央金庫の活動の原点を「相互扶助を通じた共存共栄、公正な社会の実現を目的とする協同組合精神」だとして、この点がほかの金融機関とは根本的に異なる点であり、それこそが「金庫の存在意義」だと強調した。
 金庫の事業については、政府がTPP交渉への参加を正式に表明したこと、世界的な金融緩和の長期化が予想されることなど、事業環境が変化するなかでも「金庫は、系統の余裕金を運用し、その収益を還元するという重要な役割に変わりはない」。その役割を果たすためには、「世界的な競争を勝ち抜くため、専門知識を有する人材の育成と、リスク管理手法の継続的な高度化」に取り組んでいることを紹介した。
 こうしたなか、金庫の求める職員像として、「基本的使命を体現できる挑戦意欲あふれる人材」だとして、新入職員に対して「金庫は今年で創立90周年。10年後の100周年には、皆さんがそれぞれの持ち場で中心戦力として活躍し、金庫を支えている光景を想像している。先人達が築きあげた金庫の伝統と誇りを継承し、さらなる発展につなげてほしい」と期待した。


(関連記事)


JA貯金、残高90兆3000億円 農林中金(2013.04.01)

農業金融プランナー新た942人 農林中金(2013.03.21)

岩手県漁協にダンボールケース贈呈 農林中金(2013.03.18)

現場に出向き金融事業強化を 第8回JAバンク担い手金融リーダー全国大会(2013.02.18)

「農業メインバンク」として農業発展と地域貢献を誓う 第12回JAバンク全国大会 (2013.02.15)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る