Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:ナリアWDG
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

新潟のワイン村構想へ出資 A-FIVE2014年6月24日

一覧へ

 (株)農林漁業成長産業化支援機構(A-FIVE)は6月23日、サブファンドによる6次産業化事業体への出資を新たに1件決めた。

 今回出資を決めたのは、第四銀行(新潟市)、(株)欧州ぶどう栽培研究所、(有)角田山農園が設立した(株)にいがたワインビレッジ。
 欧州ぶどう栽培研究所は20年にわたり「カーブドッチ」のブランドでワイナリー事業を展開している。にいがたワインビレッジは、これに加えて新開発するブランド、そのほかの周辺地域のワイナリーのワインの販売店のほか、角田山農園が供給するブドウ、花苗、ハーブなども利用したベジタブルカフェやガーデンショップを併設した新施設をつくり、地域一帯を一大ワイン産地へと成長させることをめざす。
 これは、A-FIVEが出資する案件としては新潟県初の出資となる。第四銀行では、「新潟県の新たな6次産業化モデルになると期待している。ワイン用ブドウの生産拡大、耕作放棄地の活用、雇用などの地域活性化につながる」とコメントしている。
 今回の出資で、A-FIVEが出資した事業体は計24となった。


(関連記事)

6次化ファンド 大多和社長を再任(2014.06.24)

新たに4件の事業体に出資 6次化ファンド(2014.06.03)

新たに7件の出資案件を決定 A-FIVE(2014.05.13)

企業主導の農政改革 新浪氏がまた提案(2014.05.09)

JA6次化ファンド 福井・福岡で新たな出資(2014.04.16)

最新の記事

ナガセサンバイオSP 2021

JA人事

ヤンマーSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る