Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:ナリアWDG
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

JA6次化ファンド 福井・福岡で新たな出資2014年4月16日

一覧へ

 (株)農林漁業成長産業化支援機構(A-FIVE)は4月15日、新たに4件のサブファンドによる6次産業化事業体への出資を発表した。このうち2件は、JAグループが出資する6次化ファンドの第2、3号案件だ。

 今回、出資が決まった6次産業化の事業体は、▽(株)マイセンファインフード(福井県鯖江市、JAグループ)、▽(株)ベジタコーポレーション(広島県福山市、中国銀行など)、▽いずも食品加工(株)(福岡県糸島市、JAグループ)、▽(株)カゴシマバンズ(鹿児島県霧島市、(株)エー・ピーカンパニー)、の4件だ。
 福井のマイセンファインフードは、農業者が生産した玄米と大豆を原料に、見た目も味も食肉に似せた「疑似肉食材」を開発した。精肉の代替商品として、新たな販路拡大をめざす。農産物の取引では地元のJAグループと連携し生産者の所得向上を、加工所では地域の雇用創出をめざす。
 福岡のいずも食品加工は、ピーナッツもやしなど九州の農産物を活用した惣菜の製造・販売を行っている。添加物を最小限に抑え、ダシや野菜を活かした体に優しい商品づくりをめざしており、JAグループと連携して加工品原料の取引拡大などをめざす。


(関連記事)

6次産業化の年間販売額1兆7451億円(2014.04.07)

JA総合事業の強み活かす 営農経済革新プラン(2014.04.07)

香川、愛知、高知でサブファンド設置 A-FIVE(2014.02.25)

A-FIVEとヤンマーが提携(2014.01.29)

岐阜に初のサブファンド A-FIVE(2013.12.24)

最新の記事

ナガセサンバイオSP 2021

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る