金融・共済 ニュース詳細

2014.11.27 
2期連続の中間決算黒字 共栄火災海上保険一覧へ

 共栄火災海上保険(株)は11月19日、平成27年3月期の上半期決算を発表した。2月の大雪の影響による自然災害支払の増加などがあり、収支残は前年同期比で減少したが、引き続き黒字となった。

 保険会社の売上規模を示す元受正味保険料は、損害保険、自動車保険、火災保険などの増収により前年同期比で28億円(3.2%)増の918億円となった。正味収入保険料も同26億円(3.3%)増の826億円となった。
 一方、正味支払保険金は、2月の大雪など自然災害の支払が増えたため、同24億円増えて527億円となり、正味損害率は同0.9ポイント上がり63.8%となった。
 正味収入保険料から、正味支払保険金、正味事業費286億円を差し引いた収支残は13億円となり、前年同期に比べて減ったが、中間決算としては2期連続の黒字となった。
 損害保険会社の収益力の指標となるコンバインド・レシオ(正味損害率と正味事業費率の合計)は、0.4ポイント上がり98.4%となった。
 損益面では、資産運用損益が有価証券売却損益が減ったことなどで、同9億円減の28億円となり、経常損益は同66億円増の113億円、当期純損益は同68億円増の111億円となった。
 損害保険会社の経営の安全性を示すソルベンシー・マージン比率は、同75ポイント増え安全性の指標となる200%を大きく上回り857%になった。

(関連記事)

【決算】9年度ぶりに黒字 共栄火災海上保険(2014.05.22)

6期ぶり黒字 共栄火災海上保険が中間決算(2013.11.26)

地震・津波も補償 共栄火災「JA安心倶楽部」(2013.06.11)

過去最高、純利益32億円 共栄火災海上保険(2013.05.29)

IYC記念全国協議会を設立(2013.05.10)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ