金融・共済 ニュース詳細

2015.02.18 
南相馬のトマト生産を支援 農林中金一覧へ

 農林中央金庫は2月9日、東日本大震災からの農業復興支援の一環として、南相馬復興アグリ(株)(福島県南相馬市)に融資することを決めた。

 この融資は、同金庫が創設した復興支援プログラムを活用したもの。今回の融資額は6000万円で、制度創設以来最大の金額となる。
 同社は震災、原発事故から農業復興と農業起業家の育成をめざして25年1月に設立された。植物工場で養液栽培の高品質トマトを生産する予定で、生産物の買い取りや技術指導などではカゴメ(株)が協力している。
 同金庫が今回の融資を決めたのは、「農業の担い手による被災地域での新たな挑戦として、予定される事業拡大や農業起業家育成などを通じさらなる地域農業の発展が期待される」ため。同金庫は今後も引き続き、同プログラムを活用した復興支援を行っていく。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ