金融・共済 ニュース詳細

2015.02.27 
国境を越えた地域活動 JA共済連「きずなチャリティ」寄贈品を仕分け一覧へ

 JA共済連は、2月26日に役職員による国際貢献活動「きずなチャリティ」寄贈品の仕分け作業を行った。

3万点の寄贈品を仕分け 「きずなチャリティ」は、JA共済の事業理念である相互扶助精神に基づいて、地域社会との絆を深める地域貢献活動の一環として、平成21年度から実施されている。
 今年度も家庭で使用しなくなった衣類やランドセル、玩具などを、NGOや福祉団体を通じて、アフリカの難民キャンプをはじめ、その他必要としている地域へ寄贈する。
 今回寄贈されたのは、衣類、カバン、ランドセル、医薬品、文房具など約3万点と募金45万2128円。これらのうち、衣類や医薬品、文具などは西アフリカ・マリ共和国の山村および難民キャンプなどの地域にボランティア団体を通じて、ランドセルはアフガニスタンやモンゴルの子どもたちに福祉団体を通じて寄贈される。また、使用済み切手、外国コイン、書き損じハガキは福祉団体へ寄贈される。
 26日の仕分け作業には、石川正美専務はじめ6人の役員と約60人の職員が参加して行われた。
作業する石川専務(右)と高荒栄一常務 作業に先立って石川専務は、6年目を迎えたこの活動は「家庭で眠っている衣類や文具、医薬品などをアジア・アフリカに送り届けるもので、いわば国境を越えた地域貢献活動」と位置づけたうえで、「協同組合の相互扶助の絆の輪をさらに大きく広げ、それぞれの地域で幸せに暮らしていける環境づくりに、これからも取り組んでいかなければなりません」とあいさつした。

【写真】
上:3万点の寄贈品を仕分け
下:作業する石川専務(右)と高荒栄一常務

  

(関連記事)

小学生下校時に交通事故多い JA共済連(2015.2.2)

JA共済 書道・交通安全ポスターコン入賞者決定(2014.12.26)

「ながらマナー」で交通安全TV-CM JA共済連 (2014.12.24)

がん治療の先進医療を保障 JA共済(2014.12.04)

新契約減少するも基礎利益は増加 JA共済連 (14.12.04)

 

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ