Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

新契約減少するも基礎利益は増加 JA共済連2014年12月4日

一覧へ

2014年上半期業績

 JA共済連は平成26年度上半期の業績をまとめた。

◆生命総合、自賠責が苦戦

 26年度上半期(4月1日から9月30日)の生命総合共済の新契約高は、件数98万件(前年同期比87.2%)、保障共済金額5兆811億円(同86.8%)と、前年同期を下回った。また契約者からの共済掛金受入額は、前年同期より3660億円減少し、6262億円(同63.1%)となっている。
 生命総合共済の契約高、共済掛金受入額が減少したのは、一時払養老生命共済(5年満期)の下限利率を1.0%から0.5%に引き下げた影響が大きいとJA共済連では分析している。
 このうち、介護共済の契約件数は3万4113件、一時払介護共済の契約件数は3万7564件で、前年同期比でそれぞれ120.8%、168.5%と順調に推移している。
 建物更生共済の新契約高は、件数が49万3000件(同107.8%)、保障金額が6兆4844億円(同99.7%)となっている。契約者からの共済掛金受入額は同407億円増の1946億円(同126.5%)となっている。
 自動車共済の新契約高は、契約件数が416万6000件(同99.1%)、契約者からの共済掛金受入額1880億円(同108.8%)と、競争が厳しいなか前年同期を越える実績となっている。
 自賠責共済は、4月の消費税増税による新車販売台数の落ち込みの影響を受け、契約台数162万3000台(同95.3%)、共済掛金受入額388億円(同95.2%)と前年を下回っている。

◆健全経営示す主要経営指標

 受入共済掛金は生命総合共済の一時払掛金が減少したことから前年同期比95.9%の2兆9828億円となった。
 支払共済金は、雪害の影響で建物更生共済の事故共済金が増加したが、生命総合共済の満期共済金が大きく減少したことから、同97.4%の1兆8986億円となった。
 正味財産運用益は前年上期より367億円増の5241億円。経常利益も同393億円増の2254億円(同121.1%)となっている。
 基礎利益は、利益損益の改善、危険差益の増加により、前年上期より170億円増の2807億円となった。
 また、諸準備金の積み立てや有価証券評価差額金の増加などにより、支払総額が増え、リスク合計額が減少したことから、支払余力(ソルベンシー・マージン)比率は、前年度末より132.4ポイント増加の953.6%となっている。
 生命総合共済の新契約は減少したが、キャピタル損益が増加して正味財産運用益が増加するなどにより、依然として健全経営を維持していることは間違いない。


(関連記事)

がん治療の先進医療を保障 JA共済 (14.12.04)

障がい者支援のTV-CMを放映 JA共済連(2014.12.03)

豊田浩二さん(山口)が優勝 フロントマン競技会(2014.11.18)

ES向上通じてCS向上 JA共済がセミナー(2014.11.11)

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る