金融・共済 ニュース詳細

2015.06.23 
再保証残高は微増し4兆2734億円 全国農協保証センター一覧へ

 一般社団法人全国農協保証センター(石川克則理事長)は6月19日に定時総会を開催し26年度事業報告・決算を承認した。

 26年度は消費税引き上げにともなう駆け込み需要の反動減により住宅資金が大幅に減少したことが主因となって、再保証新規引受額は4409億円(対前年度比20.3%減)となったが、再保証引受残高は173億円増加し4兆2734億円(同0.4%増)となった。
 一方、代位弁済は本年度も金融円滑化に向けた対応が継続されていることもあり、同6.6%減の23億円となり、この結果、求償権残高は114億円(同6.3%減)となった。
 役員の任期満了にともない新役員が選出された。

【再任】
▽理事長:石川克則(県域信用事業を代表する者の全国代表)
▽常務理事:青木松則(学経)

【再任理事
▽川野芳樹(系統債権管理回収機構代表取締役社長)
▽櫻井宏(岐阜県農業信用基金協会会長理事)
▽中家徹(和歌山県農業信用基金協会会長理事)

【新任理事
▽長谷川幸夫(北海道信連経営管理委員会会長)
▽小島俊一(栃木県農業信用基金協会会長理事)
▽山上一成(広島県農業信用基金協会会長理事)
▽高田保文(熊本県農業信用基金協会会長理事職務執行者)
▽中島隆夫(農林中央金庫常務理事)

【新任監事
▽田波俊明(福井県信連経営管理委員会会長)
▽山崎實樹助(高知県農業信用基金協会会長理事)

※高田氏の「高」、山崎氏の「崎」は正式にはそれぞれ旧字体です。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ