金融・共済 ニュース詳細

2016.02.16 
6次産業化事業体へ 直接支援 2件目 A-FIVE一覧へ

 (株)農林漁業成長産業化支援機構(A-FIVE)は2月12日、6次産業化事業体への出資について2件目の直接の支援と出資について、それぞれ1件同意決定した事を公表した。

 今回直接支援を行うのは、東京都千代田区にある(株)食の劇団で、出資決定金額の上限は5億円。同社は国内の複数の生産者(農産、水産、畜産)が連携し、輸出集荷機能と海外での飲食事業及び関連事業を持つ会社を設立。日本ブランドの構築と農林水産物の付加価値向上、国内外の販路拡大、地域の雇用拡大をめざす。
 サブファンドによる6次産業化事業体への出資は、同意決定をした北海道上川郡清水町の(株)御影バイオエナジーの1件で、これを含めると合計で81件となる。サブファンド名は道銀アグリビジネス投資事業有限責任組合で、出資決定金額は1億円。清水町の畜産農家などの家畜排せつ物を原料とした発電・売電を行う。発電工程で作られる液肥を販売する事で、家畜排せつ物の有効活用と地域農業・酪農の発展、雇用拡大をめざす。

(関連記事)
新たに4件出資 合計81件に A-FIVE (16.01.18)

6次産業化事業体へ 初の直接支援 A-FIVE (15.12.15)

6次産業化事業体 出資対象 新たに2件 A-FIVE (15.10.19)

【時の人 話題の組織】大多和巖・(株)農林漁業成長産業化支援機構(A-FIVE)代表取締役社長 6次化支援ファンド活用 所得増、生産拡大を (15.08.07)

A-FIVE出資59件に 農林漁業成長産業化支援機構 (2015.05.14)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ