左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

「割高でも国産」が6割 健康志向が12半期連続最多 日本公庫2016年9月2日

一覧へ

 日本政策金融公庫は9月1日、平成28年7月に実施した平成28年度上半期消費者動向調査結果を発表した。それによると、現在の食は「健康志向」が12半期連続で最多回答となり、食を通じた健康志向の強さが浮き彫りになった。また「割高でも国産を選ぶ」消費者が6割を占め、国産食品を優先する意識の高さがはっきりした。

 消費者の食についての「健康志向」は41.6%で、前回(28年1月)より0.1ポイント下がったものの、平成22年の調査以降、12半期連続の最多回答となった。次いで「経済性志向」(35.3%)、「簡便化志向」(31.6%)だった。特に20歳代の若者にこの傾向が見られ、30代と比較して「健康志向」が高く、逆に「経済性志向」「簡便化志向」が30代より低いという傾向が見られた。
 今後については、やはり「健康志向」が44.7%で最多回答で、現在の志向から3.1ポイント上昇しているほか、「安全志向」が8.7ポイントと大きく上昇。一方「簡便化志向」は10.2ポイントの減少になった。全体に簡便化から安全へのシフトが見られる。
 一方、輸入食品と比べ、どの程度の価格レベルなら国産を選ぶかについては、「割高でも国産を選ぶ」が、前回調査(62.8%)からわずかに低下したものの、依然6割を超える高い割合(61.4%)になった。
 インターネットによる調査で全国の20~70歳代の男女2000人を対象にした。

最新の記事

ナガセサンバイオSP

注目のテーマ

注目のテーマ

クミアイ化学右カラムSP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
topへ戻る