Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

協同組合間連携の活発化 AOA理事会2017年5月30日

一覧へ

 JA共済連が加盟している国際協同組合同盟(ICA)の保険部門、国際協同組合保険連合(ICMIF)の地域協会の一つ国際協同組合保険連合アジア・オセアニア協会(AOA)の理事会が5月30日、東京都千代田区のJA共済ビルで開かれた。AOA副会長らが来日し出席した。

出席した主な組織代表。左からクリフ・ブラックICMIF理事・AOA理事(ニュージーランド)、勝端保AOA会長、メイ・ダワトAOA副会長(フィリピン)、ポディ・A・キリワンデニヤAOA副会長(スリランカ) 理事会は、今年10月18日にロンドンで開催されるAOA総会での次期2か年(18~19年度)の活動計画の決定に向けた議題整理のため開いた。東京での開催は約10年ぶり。理事らは協同組合間の連携を活発化し、連携を深めていくことを再確認した。
 勝瑞保AOA会長(JA共済連代表理事理事長)は、「特に開発途上国における我々の取組みである「マイクロインシュアランス(少額短期保険)の普及活動」について活発に議論した」とコメントした。
 AOA理事らは幕張研修センターを見学。31日から大分県の別府リハビリテーションセンターなどを視察予定。
 幕張研修センターには建物共済審査員を育成するため、地震など自然災害の損傷状態を再現した建物のモデルがあり、地震被害のあるニュージーランドやフィリピンの会員組織にとって関心が高い。またリハビリテーションセンターは、保険会社や共済組織で身体の回復や心のケアを支援する施設を保有する事例が世界的にも稀なため、視察することとなった。
(写真)出席した主な組織代表。左からクリス・ブラックAOA理事(ニュージーランド)、勝瑞保AOA会長、メイ・ダワトAOA副会長(フィリピン)、ポディ・A・キリワンデニヤAOA副会長(スリランカ)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る