想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
Z-GIS:ヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

「日本の共済事業ファクトブック2017」を発行 日本共済協会2017年12月27日

一覧へ

 一般社団法人日本共済協会はこのほど、主要な共済団体の事業概況や協会の活動などを紹介する「日本の共済事業 ファクトブック2017」を発行した。

 それによると、2016年度の同協会会員数(団体)は6448(前年度比99.8%)、組合員数は7781万人(同101.3%)、契約件数1億4563件(同99.8%)、共済金額(契約金額)1042兆6120億円(同98.9%)、受入共済掛金8兆2415億円(同99.8%)、支払共済金4兆4317億円(同100.4%)、総資産66兆939億円(同103.4%)などとなった。
 共済事業を行う各協同組合は、自然災害や交通事故、病気や老後など、さまざまな不安を抱えている組合員に寄り添い、「助け合い」の輪を広げていく活動に取り組んでいる。今回の数字から、改めて共済事業の果たしている社会的な意義の大きさを汲み取ることができる。
 日本共済協会は、協同組合が行う共済事業の健全な発展を図ることを通して、地域社会における農林漁業者、勤労者、中小企業者などの生活安定や福祉の向上に貢献することを目的に、1992年、7つの共済団体の結集のもとに発足した。以来、ファクトブックの発行やセミナーの開催などを通じて、共済事業の普及啓発事業に取り組んでいる。

 

(関連記事)
JAの地域貢献 小中学校教育と共に(17.12.21)
賀川豊彦の精神に学ぶ-日本共済協会セミナー・伊丹謙太郎千葉大特任助教(17.11.27)
組合間連携 賀川豊彦を「要」に(17.11.16)
協同組合・共済事業の原点を考える 日本共済協会がセミナー(17.10.03)
新会長に中世古全労済理事長を選任 日本共済協会定時総会(17.06.28)
日本の共済事業ファクトブック2016を発行 日本共済協会(16.12.28)

最新の記事

国際衛生SP:パナミエール

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る