左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドSP:ナリアWDG
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

経常利益 27%減の1245億円-農林中金決算2019年5月23日

一覧へ

 農林中央金庫は5月22日、2018年度決算を発表した。外貨調達コストが増加して減益となったが、安定的に収益を確保した。

 経常収益は新規投資の積み上げで2821億円増えて1兆7321億円となった。
 一方、経常費用は3286億円増えて1兆6076億円となった。このうち資金調達費用が2478億円増の1兆2691億円となった。米国の段階的利上げによって資金調達コストの上昇が続いている。
 その結果、経常利益は前期比▲464億円の1245億円で27%減。純利益は▲440億円の1035億円で29%減となった。
 総資産は1兆円増の106兆円、純資産は8000億円増の7兆5000億円となった。後配出資金の増資5500億円があった。
 貸出金は6兆7000億円増えて18兆4000億円となった。このうち政府向けの貸出金が4兆9000億円増えた。一方、リスク管理債権は397億円で0.2%となっている。
 有価証券評価益は2兆699億円で4852億円増加した。このうち債券の評価益が5000億円増えて7800億円を占める。
 自己資本比率はバーゼル規制の強化によりリスクアセットが増加して総自己資本比率は▲3.85%と低下したが、19.65%と引き続き高水準を維持している。
 奥和登理事長は資金調達コストの上昇と利回りの低下など「厳しい運用環境が続く。景気のサイクルにも留意し慎重な財務運営をしていく」と述べた。

最新の記事

ナガセサンバイオSP

JA人事

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る