左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドSP:ナリアWDG
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

取引先との勘定系システム更改を延期-農林中央金庫2020年4月20日

一覧へ

 農林中央金庫は4月20日、新型コロナウイルス感染拡大のため、予定していた勘定系システムの更改を延期すると発表した。

 農林中央金庫は直接、融資や預金などの取引をしている企業などに対して5月7日に勘定系システムを更改するとしていたが、新型コロナウイルス感染症が拡大していることをふまえ、万全のサポート体制構築が難しいと判断し延期を決めた。

 5月7日以降は現行システムで従来どおりの事務手続き(口座番号・帳票等)で取引きできる。

 今回のシステム更改は農林中央金庫と直接取引している企業などが対象で、JA、JF、信連、信漁連との取引には影響がない。

最新の記事

コルテバアグリサイエンスSP

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る