人事2024 左バナー 
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
240401・ニッソーグリーン マスタピース水和剤SP
FMCプレバソンPC
JA全中中央SP

日本政策投資銀行「DBJ環境格付」に基づき資金調達実施 JA三井リース2024年4月1日

一覧へ

JA三井リースは3月29日、日本政策投資銀行(DBJ)が実施する「DBJ 環境格付」を取得し、同格付に基づく融資を受けたことを発表した。

JA三井リースは、グループ経営理念「Real Challenge, Real Change」で掲げる「より良い社会と未来」の実現に向けてサステナビリティ経営を推進。事業を通じて、「カーボンニュートラルの実現に貢献」、「サーキュラーエコノミーの推進」などマテリアリティ(重要取組課題)の解決に取組んでいる。

「DBJ 環境格付」融資は、日本政策投資銀行が開発したスクリーニングシステム(格付システム)により企業の環境経営度を評点化し、優れた企業を選定するという世界で初めての融資メニュー。同社は、今回の「DBJ環境格付」で特に次の点で高い評価を受けた。

(1)「カーボンニュートラルの実現に貢献」や「サーキュラーエコノミーの推進」など環境面を含む5つのマテリアリティについて、全社横断的なサステナビリティ推進委員会及び経営会議にて設定した重点取り組みとKPIに関する進捗をモニタリングすることで、PDCAを通じたサステナビリティ経営を着実に実践している点。

(2) 気候変動関連の対応にあたり、影響度の大きさを踏まえて事業ポートフォリオの中から不動産・エネルギー・農林水産の3分野を抽出し、想定シナリオに基づきリスクと機会を整理するとともに各営業部門も交えて財務への定性的影響度評価を行うなど、サステナビリティ課題への対応を進めている点。

(3) 中期経営計画に掲げる「ビジネスモデルの転換」やグループ経営理念の要素である「挑戦」の実現に向け、各事業領域やテーマに係る事業拡大を企図した社内外の積極的な連携や、将来的な事業化を見据えた新規提案を全社的に募る「新規ビジネス創出プロジェクト」の活用を通じ、より良い社会と未来のためにEV充電サービス事業の新たな展開など環境価値の創出に取り組んでいる点。

重要な記事

日本曹達_ナブ乳剤_SP

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る