想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
Z-GIS:ヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

国産麦類のかび毒調査 すべて基準値以下2013年1月23日

一覧へ

 農水省は1月21日、「平成21?23年度国産穀類のかび毒含有実態調査」結果を公表した。厚労省の定める暫定基準値を超えるかび毒を含む小麦はなかった。

 調査は21?23年産の小麦、大麦に含まれるデオキシニバレノール(DON)とそのアセチル体、ニバレノール(NIV)とそのアセチル体、ゼアラレノン(ZEN)と、20年産で1年間貯蔵した後の米と小麦に含まれるオクラトキシンA(OTA)を調べた。
 その結果、3年間通じたDONの含有濃度の最大値は小麦で0.54mg/kg、大麦で1mg/kg、NIVは小麦で0.52mg/kg、大麦で0.55mg/kg、ZENは小麦で0.13mg/kg、大麦で0.14mg/kgだった。OTAはすべての試料で定量限界(0.00017mg/kg)以下だった。
 小麦のDON暫定基準値は1.1ppm(1.1mg/kg相当)で、そのほかのかび毒については暫定基準値の設定はない。
 農水省ではこの結果を使って、かび毒ごとに麦を主原料とする加工食品の日本人1人あたりの摂取量を試算し、国際機関が定めた耐容摂取量に占める割合などを解析する。
 DON、NIV、ZENについては引き続き調査をするが、OTAについては過去の調査でも定量限界に満たない濃度だったことから、調査を終了する。

 これらはすべてトリコテセン類かび毒で、赤かび病の病原菌であるフザリウムから産生され、人が食すと急性食中毒などを引き起こす。日本では麦の生育後記に雨が多いため、赤かび病が蔓延しやすい。

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る