米・麦・大豆 ニュース詳細

2014.11.21 
1等米比率82% 26年産米(10月末現在)一覧へ

 農水省は10月31日現在の平成26年産米の農産物検査結果(速報)を公表した。

 1等米比率は82%で、前年産の同時期に比べて1.8%高い比率になった。2等以下に格付された米の主な理由は、心白・腹白がもっとも多く28.7%だったが、前年に比べると3ポイントほど減っている。一方、2位以下の整粒不足(20.5%)、充実度(18.9%)、着色粒(18.5%)はいずれも1〜2ポイントほど上昇している。
 同日現在の検査数量は水稲うるち玄米が378万4600tで、9月末現在に比べて199万5500t増加した。前年同時期に比べると2万900t(0.5%)少なく、前年産米の総検査数量520万5600tの約73%に相当する数量となっている。
 そのほかの用途米の検査数量は、水稲もち玄米が11万1400t、醸造用玄米が6万300t、飼料用もみが1万8100t、飼料用玄米が4万7900となっている。


(関連記事)

米生産者に利子補給を実施 -農林中金が特別対策-(2014.11.19)

26年産米緊急対策融資の窓口設置 日本公庫(2014.11.17)

米価下落への緊急対策決める 農水省(2014.11.14)

26年産米相対取引価格1万2000円台(2014.11.05)

主食用米20万t程度減少 26年産米(2014.10.31)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ