米・麦・大豆 ニュース詳細

2015.09.29 
新品種「しきゆたか」の作付240ha 豊田通商一覧へ

 豊田通商は、既報のように今年から新品種を軸に国内産コメ事業に参入しているが、新品種のブランド名を「しきゆたか」に決定した。

 この事業は、豊田通商が出資する水稲種子開発ベンチャー(株)水稲生産技術研究所(水稲研)が権利を持つ新品種を用いて栽培契約からコメの販売までの商流を構築しようとするもの。
 同社によれば、2015年産の作付けは24県で約240haで、8月下旬から順次収穫を開始し、10月中旬ころにピークを向かえる予定だという。収穫されたコメは食味分析などを実施したうえで、中食・外食企業向けに販売していく予定にしている。
 なお、この新品種米のブランド名は「四季に恵まれた瑞穂の国ニッポンの農業に誇りを持ち、産業として永続できる生産システムの確立に貢献する」という意味を込めて「しきゆたか」と名付けられている。
 豊田通商では、この事業に参加する生産者をさらに募るとともに、既存産地での生産量拡大をはかり、5年後には作付面積2700ha・約2万tを取扱いたいと計画している。

(関連記事)

豊田通商がコメ事業参入 (15.01.26)

コメビジネスに参入 住友化学 (14.09.02)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ