米・麦・大豆 ニュース詳細

2015.11.24 
27年産米の1等比率83.4%-10月31日現在一覧へ

 農林水産省は11月20日、27産米の1等比率を公表した。

 10月31日現在で83.4%となった。同時期検査結果をくらべると26年産82.0%、25年産80.2%、24年産79.1%となっている。
 2等以下に格付けされた理由は「心白及び腹白」がもっとも多く23.2%。2番目が「着色粒(カメムシ類)」22.4%となっている。「着色粒」は26年産、25年産とも2等以下に格付けされた理由の4番目だったことから、27年産米では現時点の検査結果では着色粒が増えていることがうかがえる。
 検査数量は9月末にくらべ約190万t増加して約350万tとなっている。26年産米の全検査数量とくらべると66.5%に相当する数量となる。
 26年産から検査対象となった飼料用もみは2万1000t、飼料用玄米は190万tの検査数量となっている。
(関連記事)
27年産米価格 前年同期より7%上昇-10月取引 (15.11.19)

【27年産米 米流通最前線(2)】 作況指数「100」 需給緩和から一転タイトへ (15.11.04)

前年より43万8000t減-27年産主食用米 (15.10.30)

【27年産米 米流通最前線】主食用の値上がりに中小米卸は戦々恐々 (15.10.23)

1等比率81.2%-27年産米(15.10.23)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ